Email Phone Custom Custom

お問い合わせ

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。

セチリジン塩酸塩バルク

  • 化学名:セチリジン塩酸塩
  • CAS NO。:83881-52-1
  • MF:C21H26CL2N2O3
  • MW:425.35
  • 仕様:USP | EP | BP
  • 純度:98%+または顧客の要求に応じて
  • 色:白からベージュ
  • 溶解度:水、DMSO、エタノール、メタノールに溶けます。
  • テスト方法:HPLC
カテゴリー:

説明

セチリジン塩酸塩のバルクの説明        


セチリジン塩酸塩バルクは、体内の天然化学ヒスタミンを減少させる代替生成抗ヒスタミン薬です。ヒスタミンは、くしゃみ、かゆみ、水っぽい目、水っぽい鼻の症状を引き起こす可能性があります。

セチリジン塩酸塩バルク くしゃみ、かゆみ、水っぽい目、または水っぽい鼻と同様の冷たい症状や誤解の症状を治療するために使用されます。

販売用のセチリジン塩酸塩は、習慣的なur麻疹(hive)によって引き起こされる抗気管反応、かゆみ、腫れの治療にも使用され、不滅可能な抗菌性鼻炎、季節性性能性鼻炎、習慣的特発性ur麻疹、抗毒性喘息の症状を最小限に抑え、排除します。皮膚炎。

Zyrtec基本情報  

商品名: セチリジン塩酸塩
同義語: (2-(4-((4-クロロフェニル)フェニルメチル)-1-ピペラジニル)エトキシ)アセチカチディヒドロ;  2- [2- [4- [(4-クロロフェニル) – フェニルメチル]ピペラジン-1-イル]エトキシ]酢酸ジヒドロ塩化物;  セチリジン塩酸塩(250 mg);  アレルセット;  アレリド;  セスタ;  Cetiriz;  セトラック
CAS: 83881-52-1
MF: C21H26CL2N2O3
MW: 425.35
einecs: 620-533-8
製品カテゴリ: API;中間体と細かい化学物質;アクティブな医薬品成分;中間体と細かい化学物質; Pharmaceuticals;ドプラム;ヒスタミン受容体;芳香族;ヘテロサイクル;代謝産物と不純物
モルファイル: 83881-52-1.mol

反応性化学構造

セチリジン塩酸塩              

セチリジン塩酸塩バルク化学的特性      

融点   110-115°C
保管温度。   RTで乾燥します
溶解度   H2O:soluble5mg/ml、クリア
形  
色   白からベージュ
水溶性   水、DMSO、エタノール、メタノールに可溶です。
メルク   14,2022
inchikey pgliucltxoyqmv-uhfffaoysa-n
CASデータベースリファレンス 83881-52-1(CASデータベースリファレンス)
EPA物質レジストリシステム 酢酸、2- [2- [4- [(4-クロロフェニル)フェニルメチル] -1-ピペラジニル]エトキシ] – 、塩酸塩(1:2)(83881-52-1)

セチリジン塩酸塩のバルクの使用と合成

説明 セチリジン塩酸塩は、アレルギー性鼻炎、ur麻疹、結膜炎の治療に有用な1日1回の分離していない抗ヒスタミン薬です。テルフェナジンやアステミゾールなど、このカテゴリの他のほとんどの薬剤よりも効果的であると報告されています。
化学的特性 結晶固体

使用します

呼吸刺激剤

セチリジン塩酸塩バルクは、体内の天然化学ヒスタミンを減少させる代替生成抗ヒスタミン薬です。ヒスタミンは、くしゃみ、かゆみ、水っぽい目、水っぽい鼻の症状を引き起こす可能性があります。

セチリジン塩酸塩のバルクは、くしゃみ、かゆみ、水っぽい目、または水っぽい鼻と同様の冷たい症状や不正な症状を治療するために使用されます。

販売用のセチリジン塩酸塩は、習慣的なur麻疹(hive)によって引き起こされる抗気管反応、かゆみ、腫れの治療にも使用され、不滅可能な抗菌性鼻炎、季節性性能性鼻炎、習慣的特発性ur麻疹、抗毒性喘息の症状を最小限に抑え、排除します。皮膚炎。

長時間作用カルシウムチャネルブロッカー
抗ヒスタミン性
Indications セチリジンHCl(Zyrtec)は、ヒドロキシジンのカルボン酸代謝物です。これは、選択的な末梢H1受容体拮抗薬です。それは長期にわたる抗ヒスタミンです。他の非播種性H1抗ヒスタミン薬と同じ副心臓効果を持っているようには見えません。ただし、追加のデータが必要です。アレルギー性鼻炎と慢性ur麻疹に示されています。
治療機能 抗ヒスタミン性;反アレルギー
生物活動 ヒスタミンH 1最大10μmの濃度で他の受容体よりも選択性を示す受容体拮抗薬は、二次相アレルギー反応中にヒスタミン放出と好酸球走化性を阻害する非播種性抗ヒスタミン薬。 in vivoでの好酸球、好中球、単球の活性化を阻害します。

MSDS:MSDSが利用可能

COA:お問い合わせを送信すると、COAを利用できます。

メールでお問い合わせください: info@maxmedchem.com 詳細については。          

パッケージと配送

2023082906101618

2023082906101579

LEAVE MESSAGE

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。