Email Phone Custom Custom

お問い合わせ

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。

(S) – 塩酸エラチン

  • 化学名:(S) – 塩酸エラチン
  • CAS NO。:153408-27-6
  • MF:C22H24CLN3O・HCl
  • 仕様:USP | EP | BP
  • 純度:98%または顧客の要求に応じて
  • 化学的性質:白い固体
  • 溶解度:クロロホルムおよびメタノールに可溶性。
  • テスト方法:HPLC
カテゴリー:

説明

(S) – 塩酸エイジラチンは、抗ヒスタミン性である経口活性ヒスタミンH1受容体(H1-ヒスタミン受容体)拮抗薬です。

(S) – 塩酸エラチンの基本情報      

商品名: (S) – 塩酸エラチン
同義語: 1(2H) – フタラジノン、4- [(4-クロロフェニル)メチル] -2-(ヘキサヒドロ-1-メチル-1H-アゼピン-4-イル) – 、モノヒドロクロ塩化、(S) – ;  (s) – 塩酸エラチン;  アゼラスチンの不純物2;(S)-4- [(4-クロロフェニル)メチル] -2-(ヘキサヒドロ-1-メチル-1H-アゼピン-4-イル)-1(2H) – フタラジノン塩酸塩;  アゼラスチンの不純物;  (s) – 塩酸塩酸エラスチン2;  (s)-azelastine hcl;(s)-azelastine塩酸塩USP/ep/bp
CAS: 153408-27-6
MF: C22H24CLN3O・HCl
MW: 0
einecs: 253-720-4
製品カテゴリ: 芳香族;キラル試薬;ヘテロサイクル;中間体と細かい化学物質;医薬品
モルファイル: 153408-27-6.mol

(S) – 塩酸エラチン化学化学構造

(S) - 塩酸エラチン              

塩酸アゼラスチン化学化学的特性

物理状態:固体

溶解度:クロロホルム、およびメタノールに可溶性。

保管:-20°Cで保管します

融点:219-221°C

屈折率:n 20 D  〜1.64(予測)

光学活動:α20D  +31.5、メタノール中のC = 0.5

アゼラスチンHClその他の情報      

MSDS:MSDSが利用可能

COA:お問い合わせを送信すると、COAを利用できます。

メールでお問い合わせください: info@maxmedchem.com 詳細については。

パッケージと配送

2023082906101618

2023082906101579

LEAVE MESSAGE

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。